台東区、上野の痛み改善治療・鍼灸治療・指圧・マッサージなら口コミ人気No1の癒楽(ゆらく)
五十肩・首の痛み・寝違い・ぎっくり腰・膝の痛みはお任せください!

台東区、鍼灸治療指圧、痛みの治療、変形性膝関節症、首の痛み、寝違え、五十肩、腰痛、ぎっくり腰、自律神経失調症、婦人科系疾患、癒楽、ゆらく、フィジカルメンテ癒楽
台東区の痛み改善治療はフィジカルメンテ癒楽
フィジカルメンテ癒楽
鍼灸治療
健康保険適用のの訪問マッサージについて
癒楽のロゴ
全身調整
癒楽の鍼灸治療 癒楽の鍼灸治療のページ
保険在宅マッサージ
New耳ツボダイエット

【 RECOMMEND 】
全身手技療法パーフェクトマニュアル
新発売 全身手技療法
 パーフェクトマニュアル
 大好評発売中!
  ライOップ行くく前に!
1日7分!49日以内に腹筋を割るバイソン式シックスパックフォーミュラ

癒楽は「鍼灸指圧マッサージ治療院」です。
痛みの改善治療に自信をもって施術致します。
通常は、痛みに対しても手技治療(指圧マッサージ師として)が主体となりますが
手技では修まりにくい「痛み」のある場合
鍼治療と手技とを組み合わせる事により、
つらい症状を緩和する事が期待できます。

身体の痛みに対する治療における当院の方針
 
首の痛み、肩の痛み、腰の痛み、膝の痛み・・ 
 身体の痛みにはいろいろな部位が考えられますが
 肩や膝の痛みでも実はその「痛い部位に原因がない」
 ことも非常に多いのです。
 もしあなたが、どこかの治療院で、痛い場所ばかりを延々と施術されているのに
 一向に痛みが改善しないのであれば是非当院にお問い合わせください。

 例えば
 腰痛
 ◇動作開始時痛(動き始めにイタタ・・となるがその後は大丈夫な感じ)は
 実は腰に主な要因があって腰痛がおこっているわけでなく
 「首」に原因があったりします。
 なぜなら、人間の動作の始まりは、「頭部」の重心をうまく利用して動き始める
 からです。 
 もし、あなたが寝違いなどで首を動かせないとき、後ろから声をかけられたら
 身体全体でふりむくしかないでしょう?
 ですから、首をきちんとキレイな状態に施術すれば動作開始時痛は改善します。
 でも、首を治療するのに当院では脚を施術する場合が非常に多いです。
 首をグリグリ施術するのは痛いですからほんの数分脚を施術すれば
 首がすっきり快適になってきます。

 ◇ぎっくり腰 に多い前かがみの状態でしか立っていられないような状態のときは
 「腹部」や「臀部」に関連した部位を施術することで楽になってもらいます。
 ◇腰を反ることがつらい場合には腰から離れた「OO筋」が要所だったりします。
 ◇太ももの後ろに痺れが走る なんていういわゆる坐骨神経痛の場合は
   もちろんお尻の奥の梨状筋も非常に重要ですがそのほかにも離れた部位に
  キーポイントになる場所があります。

 このように、痛みの部位ではなく、その痛みをもたらす原因がどこにあるか
 しっかりと検査し、適切に施術を行っていくことで痛みを改善させていきます。

五十肩
◇挙上時痛
 前から腕を上げていくときに痛む場合は、当院ではある場所を
 治療することで約10分ほどで「アレ?」っと驚くことが多々あります。
◇外旋挙上時痛(肘を曲げて腋を開けて挙げる・・つまり車の窓に肘をかけるような動作) このほうが少し時間がかかりますが、事前の検査で
 どこを施術すれば痛みが消えていくかを体感してもらえますので安心して治療を
 受けていただくことができます。


◆首の痛みや寝違いによる頸椎の痛み・ひどいコリ
 実は首のそれぞれの筋肉、胸鎖乳突筋後頭下筋後頸筋を緩めるには
 膝下に多くの関係する大事な治療点があります。
 もちろん肩甲骨周囲の筋肉へのアプローチも大切です。

 なぜ、直接 頸椎を施術していかないのか?
 それは頸椎を触るだけで痛みを感じるような場合も多く、頸椎自体は
 非常にデリケートな場所ですので、直接強刺激のアプローチをしないでも
 遠くの刺激で変化させられるならそのほうが安全で安心な施術
 ご提供できるからです。
 安全で安心な施術 これが最も大切なことです!

・どんな痛みも施術前にどこを施術すれば楽になるかを
 体感してもらいます。
・ 鍼を使ったとしても刺したまましばらく
 放置するような鍼灸院にありがちなことは致しません!
・ 手技を主体に施術いたしますが鍼のほうが大きな効果を
  期待できるような場合に鍼治療を行います!

料金  ¥7,000 (税別)
主な症状に対する施術例(鍼治療中心の施術の場合)
変形性膝関節症に対して
残念ながら、骨の変形を修正したりする事は不可能ですが、鍼治療で関節に溜まってしまった水を散らしたり、つらい痛みを緩和させる方向へと導きます。
全ての方に同じ治療をするわけではありません。
鍼がどうしても苦手な方には、手技や干渉波でアプローチして
キネシオテーピングという流れの場合もあります。
お気軽にご相談下さい。
鍼灸治療、変形性膝関節症 膝関節周囲の鍼治療は低周波パルスを使います。
硬くなってしまっている膝裏のリンパ節の緩和や膝内側の大腿骨とけい骨との隙間部分に起きる痛みを沈静化させる狙いです。
鍼灸治療、変形性膝関節症 上記 膝への鍼と同時に
腰から背中へ干渉波治療器をあて
筋肉の緊張を緩和させます。
膝と腰は治療では切り離せないと
考えています。
鍼と干渉波治療器で背中から
足にかけて治療中に肩甲骨から頚椎にかけて指圧治療、又は鍼で筋緊張を取ります。
〈北区 Oさん 45歳〉に感想を頂きました。
 友人の紹介で膝の痛みに対してしっかり治療をして頂きました。
 特に左ひざは どす黒く、毎日の通勤も苦痛で嘆きたくなるほどでしたが
 1回目の治療でかなり痛みがとれ、最後のテーピングも、以前に同様の治療を受けた整形外科でしてもらったときよりも、ずっと快調になりました。
 回数を重ねるたび、膝が軽くなるので嬉しいです。
 友人からも顔まで明るくなった、と言われています。やはり、痛みが取れると生活全体が大きく変わり、気持ちも変わりますよね。

頚椎の痛み
頚椎の痛みは重症な状態から軽度なものまで千差万別ですが
筋肉の緊張の緩和で楽になる程度なら手技で充分ですが
すじばった状態になってしまい、手技では筋繊維をほどけず
つらい状態が続くような場合にはやはり鍼治療が効果的です。
腕や指にシビレがあるような場合も実際には頚椎のゆがみなどから起きている場合もあります。
状態を確認し保存療法が適当であると判断された場合には
一度、鍼治療をお受けになると大きな改善が見られる場合があります。
首のコリ感や、重だるさ偏頭痛などに悩まされていて
マッサージなどではあまり楽にならない
スグにつらい状態に戻ってしまう
、という方なども当院では、
「鍼と手技」を組み合わせて治療していきます。
鍼灸治療、肩こり、首の痛み 鍼灸治療、肩こり、首の痛み
首から肩甲骨周囲に鍼を打ちます。
女性患者の場合などはTシャツの上から
打ちますので下着姿になる必要はありません。
パルスになれている方、希望される方には
鍼 + パルス(低周波)
鍼灸治療、肩こり、首の痛み 鍼灸治療、肩こり、首の痛み
背中から腰にかけても筋肉の緊張を緩和する
ために干渉波を使ったりします。
鍼治療のあと、指圧治療も加えます。
鍼灸治療、肩こり、首の痛み 仰向けにして、頚椎のゆがみを
整えます。

決してバキバキ鳴らしたり、
急激な動作を加えたりするような
手技はありませんので
安心して力を抜いてリラックス
出来るはずです。

五十肩
上記患者さんの場合は背中の張りも強かったので背中に干渉波治療器をあて
写真では見難いですが首〜左肩周囲への鍼、低周波。
そして患部にコウケントーの光線を照射。 手技での首周囲、肩甲骨周囲
そして痛みの原因となっている筋肉の緊張緩和。

腰の痛み
腰痛患部への鍼、低周波、コウケントー照射、特効穴への刺鍼、
背筋〜下半身全体への指圧、仰向けでの股関節周囲の刺鍼、
運動法、最後に「立位での1鍼 ・ 運動鍼」と言う流れが多いです。
*勿論、状態を見ながら個々の体力とも相談しながら施術していきます。

ぎっくり腰など急性の痛みの場合も是非ご相談下さい。
勿論、慢性的に腰痛を持っている方も定期的に鍼治療を
行うと重症にならずにすみます。

治療法は上記部位と同じように
局部だけでなく関連する部位を中心に
全身治療を行う場合が多いです。
鍼治療に慣れている人には
「立位での1鍼 ・ 運動鍼」が大きな効果を上げています。

自律神経調整

脊柱の骨の周りの深いコリは
「自律神経失調症」の方の特徴
でもあります。

夜、眠れない、それでいて昼間はボゥーとして眠い
眼の奥が痛い、などなど症状は千差万別ですが
深くて骨周りの筋緊張はマッサージではなかなか取れません。

後頚部や肩甲骨間部の深いコリは特につらく、
精神的にもウツ状態やネガティブな思考に陥ってしまいがちです。

ご自身やお知り合いが、もし、そんな状態でお困りなら
是非、一度、鍼治療による
「自律神経調整」をお受けになる事をお勧めします。

婦人科系疾患/冷え治療

光線治療
上図左は、光線治療器、
鍼灸や手技治療とあわせて用いる事で、冷えを元とする婦人科系の疾患の
改善に非常に有効に働きます。
婦人科系の疾患は特に「冷え」と大きく関連し、全てお血によっておこるものが
多いので「冷え対策」が非常に重要となってきます。

《 簡単 お血度チェック 》
口をあけて舌を巻き上げ、舌の裏側が どうなっているのか、鏡でみて
みた時に 全体にきれいなピンク色をしていれば、問題ありません。
血管が浮き出て、紫色になっていたら、要注意です。

その他、顔色がくすみがちで目の下にクマが できやすかったり、
歯茎やくちびる、爪の甲が紫色がかって いる、
また、日ごろから肩こりや腰痛がある、日焼け跡や傷跡、
やけど跡が消えにくい、指先がしびれやすい人などは冷えから来る
"お血”の状態を疑ってみる必要があります。


     


Copyright(C) 634corp.All Right Reserved.